カテゴリ:journey in japan( 33 )

 

念願の石垣島へ①

幸せで楽しんでこれた子育てとは別に、大変なことの多い、一年半でした。
ちびが元気でいてくれたから、毎日乗り越えてこれたけど、
どこに向かったらよいのか途方に暮れたり、落ち込んだり、
苛立ったり、することも多かった一年半です。
ようやく再出発する時期となり、まだ今後のことは未定だけど、
頑張った私たち家族が、みんなリフレッシュできるよう計画していた旅でした。
(意味深ですが、まったく個人的なことなのでスルーしてくださいね、へへ)
b0132630_22473819.jpg
しかーし。旅行予定の一週間前に台風9号と、ちびの熱が同時に来て。
ちびは今回も結構きつそうで、小さな小児科と総合病院、3回もいっちゃいました。ああやっぱりだめかも、今回の旅の計画はキャンセルになる要素が多すぎると半ばあきらめていたものの、やっぱり内心うきうきしまくっていた私。ぷぷ。出発日の数日前から興奮して眠れませんでした(笑)どんだけ旅慣れてないんだか。
b0132630_22475158.jpg
3泊4日で石垣島と竹富島に。子連れ旅としてはハードスケジュールでしたが、天候にも恵まれ、怪我も風邪もなく、ちびもばばっち(私の母)も、私たち夫婦もみーんながハッピーな旅行になりました♪ああ、石垣島は遠かったけど、本当に楽しかったね~

というわけで石垣島旅行のはじまり♪
b0132630_22501250.jpg

那覇で乗り継いで石垣島空港へ着陸。格安パックなので、夕方五時半くらいに到着。石垣空港は本当にちっちゃな空港です。ここくらいしか「石垣空港」だ!って所はなかったので、パチリ。

ちびのことも考えて一日目は夕飯食べて、もう寝ようと思っていたけど、日の入りが南は遅いらしく、せっかくだから夕日みにいこ!と、レンタカーの手続きしてから、夕日のスポット観音崎へ。レンタカーのチャイルドシートが超おんぼろなことや、都会の利便性に慣れきっている私たちは、島のゆるい感じや、電灯のない暗い道などに慣れずに、一日目はふけてゆきます。

b0132630_22564554.jpg
b0132630_22565459.jpg
b0132630_2257594.jpg
市街地から近い場所だから、海はさほど綺麗ではないけど、カップルがちらほら。
波の静かな音が疲れを癒してくれます。そういえば今年は初めての海だなあ。
[PR]

by lilacyu723 | 2010-09-17 23:00 | journey in japan | Comments(0)  

米寿祝 有馬温泉にて

大阪空港近くでやれお好み焼き屋が見つからないだの、
やれ「餃子の王将」が激込みだの、なんやかんやありつつも(内輪話です)
無事三人とも合流し、有馬温泉へgo!!
車内でもちびの隣は妹に陣取られ(笑)、ママは三列目シートへ。はは。
有馬温泉の途中で六甲山に少し足を伸ばし、有馬温泉「月光園 遊月山荘」へ到着!
b0132630_1412497.jpg宴会が始まる前に、まだ少し時間があるからと有馬温泉街をみんなで散歩することに。
ていうか有馬温泉って私は知らなかったのだけど、すごくにぎわっている上に、雰囲気もかなり良いのね~。温泉街は結構閑散としていて寂れきっていたり、温泉饅頭しか食うもんないよ、することもないよ、って所も結構あるのに、温泉街もレトロにお洒落で、飲み食いする場所も多々あって、宴会ないならここで一杯やりたいね、と思えるような店が立ち並んでいる魅力的な温泉街でした。さすが神戸から近いだけあるわ。(左写真は「ねね橋」にて)豊臣秀吉が千利休をつれて茶会を開いていたという公園もいってみたいな。
紅葉の時期も綺麗そうだな~もっと近ければいいのにな、関東に。

旅館も「古き良き」が現代人の求めている感じにちょうど良いつぼ具合で
(なんか意味不明だけど)これまた◎でした♪
またまたテンションあがります☆☆温泉楽しみ♪きゃっ。

六時。お祝いの宴が始まります。
b0132630_14213260.jpg

うちのおばあちゃん、私は仕事柄色んなお年よりと出会いますが、
どんなおばあちゃんより、やっぱりうちのおばあちゃんね、と思うかわいらしくて芯のある方。
4人の息子たちを育て上げ、私たち孫も愛情いっぱいに育ててもらいました。
親戚全員参加はできなかったけど、九州から、関東から、四国から、関西からと、
ほうぼうから集まり、愛情一杯のすばらしい宴。
ていうか88才にして、おばあちゃん全然一人でどんどん歩くし、
ハーモニカ(米寿のお祝いの品)も「息が続かない」とか言いつつ何曲も吹くし、
私たちより記憶力もあるし、すごいおばあちゃんです、ほんと。
離れているからあんまりゆっくり会えないけど、またこうしておばあちゃんの白寿に集まれるといいなあ・・・と皆が思っていただろう夜でした。
b0132630_14304591.jpgちびも、カラオケのマイク握ってちょうちょやかえるの歌を歌ったり、
他のちびっこ(2歳と7歳)に遊んでもらってめちゃくちゃおおはしゃぎの夜。ほんと楽しそうでママもパパも大笑いでした♪やっぱりちびっこはちびっこ同士が楽しそうね~




b0132630_14331498.jpg
宴が終わり、源泉かけ流しの温泉に妹と兄嫁さんと浸かって長話、(ちびはさっと入れてばばに寝かしつけてもらいました。ごめんねばば~)そんなゆるりと出来るのも、最近の日常では困難なので貴重な時間でした。しかも湯上り後化粧水つけなくても良いくらいつるつるだし!乾燥肌の私にはありえない。有馬万歳!!

(旅館の渡り廊下で、浴衣姿のちびとパチリ)

翌日。「ちびちゃんともっと遊びたい」と言ってくれている7歳のお姉ちゃんや、
心なしかつるつる卵肌になっているおばあちゃんや親戚のみんなと名残惜しくもお別れ。


一家8人、神戸の異人館街へ。b0132630_14411746.jpg
時間もないので、数々の外国人の館を外まきに見るだけだったけど。とりあえず写真をとっておく。
こんなにりっぱな館に住んでいたとは、外国人貿易商はどれだけ日本で儲けていたのか。
なーんて思いつつ。おきまりの写真パネルにも顔はめてぱちり☆b0132630_14435739.jpg








異人館街で食べたランチが味と見合わないくらい超高くて心外でしたが(父曰く300円くらいの味のスープ、が、小さなパンとドリンクで1600円。観光地の中心は高いのう・・・)、初の神戸も垣間見れて良かった。

ほんとは時間があればハーバーの辺りも行ってみたかったけどね。神戸牛が食べれるくらいお金持ちになったらまた来てみよう。

というわけで、2泊3日の家族みんな旅行。
みんないたから楽しかった上に、ちび、ちび、とみんなが可愛がってくれているので、
安心して任せておけてかなりママとしては楽だったし、また「みんな旅」したいな~♪
次はどこへ行こうかな?
[PR]

by lilacyu723 | 2009-10-29 14:50 | journey in japan | Comments(7)  

家族みんな旅行 京都編

b0132630_1325895.jpg24日、福岡に住むおばあちゃんの米寿祝い(88歳)を兵庫県の有馬温泉で行うことになり、休みのとれたじじばばと、我が家三人は一日早く関西入りすることに。旦那が日本に住んでいるからには京都に行ってみたいとかねてから言っていたので、京都に一泊することになりました♪久々の京都♪うきうき。
ちびにとって二回目の飛行機に乗って、いざ大阪空港へ!!


じじが借りてくれたレンタカーで大阪空港から京都東山へ。旅館は「旅館やまと」(下写真)。
一泊八千円のリーズナブルな宿だったので、
「町屋風の造り」なんて言いながらほんとはただのボロ旅館かなと思っていたけど、
(HPに写真が鮮明に載っていないとなんか怪しい・・・と思ってしまうので。)
小さいけれどとーっても可愛く素敵な旅館で、かなりテンションあがります☆☆
b0132630_13143948.jpg私たち三人の部屋は蔵屋造り(?)で、寝床は二階の昔は蔵として使われていたところを改装したとこ。一部屋なのに、二階まで利用できてお得感♪お風呂は温泉じゃないけど、ご飯もすごく美味しいし(今までの経験上、値段が安いところは食事がイマイチだったのですが・・・)お布団もふかふかだし、清潔だし、言うことなし!!の◎旅館です。ぜひまた利用したい、ほんとに。

さて。京都はあちこち見所があるし、ゆっくり歩きたいところだけど、
なにせちび連れの上に滞在は半日のみだし、
旦那にとってははじめての京都なので、とりあえず、ザ・京都の清水寺へ。
旅館より徒歩で2,30分だったかなあ。
b0132630_13192654.jpg

久々の清水寺はさすがに圧巻だけど、それよりも観光客の多さにびっくり・・・。
紅葉シーズンじゃないけど、修学旅行生で溢れてました。
坂道や階段も多いので、抱っこしたがりのじじがいてくれて助かった。
そのかわりちびの写真をとろうと思ってももれなくじじがついてくるんだけどね・・・(笑)
b0132630_13222770.jpg
三寧坂・二寧坂を歩きながら、京都らしい可愛いお店をのぞき。
店内には殆ど入らずだったけど、歩くだけでちょっと幸福感。
ていうかちびこを抱っこしなくていいから、楽だし。ふふ。b0132630_13561042.jpg













それから豊臣秀吉の夫人、北政所(ねね)が1606年に開創した「高台寺」へ。b0132630_1336532.jpg
(高台寺のパンフより笑。高校時代日本史選択してたのに、全然覚えてない・・・)
入ったことないから入りたい~と母が言っていたのでなんとなく私も入ったけど、ここがとっても情緒ある京都らしいお寺でとっても良かった☆☆
たまたま23日~のライトアップで開園時間も延長されてて、夕暮れ時の静寂した雰囲気に、心持も平静になるような感じ。だんなもいいね~と喜んでました。「ねね」を覚えられず「らら」の寺とか言ってたけど(笑)。
そんなこんなで、高台寺をゆっくり堪能していたら、薄暗くなり、
お腹も限界を超えてぺこぺこに・・・。そういえば京都に着てから抹茶ソフトと、
八橋の試食しかしてなかったもんね。というわけで、帰路はタクシーにて。
美味しいご飯を堪能しつつ、ちょっと飲み足りない旦那と、もう少しごはんを食べたい私は、
ちびをじじばばに預けて、近くの居酒屋(京都ダイニング 万蔵だったかな?)へ。
ほんとは祇園に行って舞妓さん観て来いって薦められてたんだけど、なにせ毎日働きづめの
疲労の身なので・・・祇園に足を伸ばす元気なし。

b0132630_13473775.jpg翌日は早々ごはんを食べ、旅館やまとから徒歩五分もかからないところにある、「三十三間堂」へ。広々としていてちびも畳を歩き回れて満足なご様子。「日本は建物をよく保存できてていいね~」と感心する旦那。なんか裏に別の意味が込められているように感じたのは私だけかな?



なにはともあれ、12時に大阪空港に到着するイモ(私の妹)と兄とお嫁さんを迎えに
またレンタカーで大阪空港へ!

                    ☆つづく☆
[PR]

by lilacyu723 | 2009-10-29 13:53 | journey in japan | Comments(0)