人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

一人旅行きたい

 「真鶴」

 川上弘美さんの本の中で一番好きな本。
 あくまで私が読んだことある中でだけど。
 最近寝る前に、この本をちょこちょこ読み返していた。

 真鶴。
 佐渡島への一人旅。
 スガシカオの「浮き袋をもって」という曲。

 何故か私の中でおんなじような空気感。類似した存在感。

 「真鶴」を読み返して、またどこかにふらりといきたくなった。
 海が見えるところ。この本みたいな空気感を放っているところ。
 別に全然病んでるわけじゃないんだけど(笑)。

 今日は天気も良くて爽やかな、お散歩日和。
 近くをふらふらしていると、ようやくマンションの赤ちゃん連れた
 ママとお知り合いができてきた。
 話しかけてくれると、素直にとってもうれしいなー☆
 

by lilacyu723 | 2008-06-30 13:11 | film&books | Comments(0)  

今週の映画☆

 ☆トムとトーマス☆(英)

 クリスマスの時期のロンドンが舞台の、題名のとおりトム君とトーマス君の物語。
なんだか冒険ものっぽくて、このDVDがきたときは、なんでこんな映画借りたんだ?
と、タイトルからして、あんまり観る気がおきなかったけど。
けどけど037.gif
とってもかわいらしくて、クリスマスのときのきらきらのロンドンの風景がいっぱい見れるし、
(実際はあんなにクリスマスのとき、雪降ってないけどね…)
メジャーにはなりにくいかもしれないけど、冒険ものに軽く抵抗ある私でも
面白くみることができた☆ザ・イギリス映画って感じ。子どもと見るのもいいねー。
(写真は2003年撮影)

b0132630_20483054.jpg


 ☆モナリザスマイル☆

 モナリザの絵を見ながらベティが母親に言った
「彼女は幸せそうに微笑んでる。でもそれになんの意味があるの?」
(大体そんな感じの言葉。適当(笑))という言葉が印象的。
他人からみて幸せそうなことではなく、自分自身が幸せであるかに意味がある。

1950年代のアメリカの有名女子大。
第二次世界大戦後に、
女性誰もが家庭に入ることを求められ、女性は幸せな家庭を演じていた時代。
ベティも(キルスティンダンスト)も裕福な旦那様と結婚して、
絵に描いたような家庭に入った一人。
映画の中の学生たちを追う中で、女性の自立や選択肢がとても少なかった時代の
アメリカがよく理解でき、興味深い映画でした☆
この時代の女性が家庭に入って幸せをよそおうことの、内面的苦痛を描いた映画は
結構あるような気がするけど、「めぐりあう時間たち」と共にいい映画でした!
ジュリアロバーツ(主演の教師役)もこういうリベラルで魅力的な女性がこれまた似合う!
ジュリアが特別好きなわけではないけど、これは適役☆

いやあ、でも今とは時代背景、違うのに、こういう時代に溶け込んで生きることのつらさ、
なーんか解る気がするなあ。。。
かといって、選択肢が多い今が生きやすいかと言われたら、うーんって感じなんだけど。
むしろ表面的選択肢が多すぎる?
でもベティの親友が、法学部への進学を選べる中で、
自分の意思でその道を捨て、家庭を選んだ姿には感動!
私はこの時代に生まれ、こういうふうに生きられるだろうか…。

by lilacyu723 | 2008-06-28 21:24 | film&books | Comments(0)  

ベビーはベビーなりに。

 もうすぐ生後2ヶ月です001.gif
 
 最近よく笑い、声みたいなものをよく発するようになりました。
話しかけると笑ったりするので、調子にのってしょっちゅう話しかけていますが、
いつも笑ってくれるわけではなく、時には泣き出したり、睨まれたり(笑)します。
笑っていたかと思うと泣き出したり、泣いていたかと思うとすとんと眠りこけたり、
「あーう」「おおーう」とか頑張って声を出していたかと思うと
(下の写真は頑張って離そうとしているときの顔)、真っ赤な顔して泣き出したり。
ベビーもベビーなりに忙しいのね…と思います。
b0132630_16253471.jpg

b0132630_16255461.jpg

他のベビーもそうみたいなんだけど、うちの子もこうやって眠るのが大好きで。
オヤジかよってかんじの寝相ですが。一応、女の子。
こうやって抱っこしてすごしている時間が長いので、妄想癖がある私は一人で耽ってます。
ベビーとお出かけする楽しいこととか、
韓国と日本を行き来してこの子大丈夫かなと心配したり、
どうにかベビーの成長を間近で見つつできる仕事はないものかと考えてみたり、
はたまた、宝くじが当たったら何に使おうとかくだらないことまで、色々考えています(笑)。
昔から、妄想するとニヤニヤしてしまう癖があるので
(殆ど妄想は良いことが多いので。あは)、ニヤニヤしていると、
寝ながらベビーもニヤッとしたりします。
たまたまだとは思うけど、「あ、ママがくだらないこと考えてたのバレた?」と
ちょっと恥ずかしかったり。そんな生活を送っています。

by lilacyu723 | 2008-06-27 16:35 | about baby | Comments(2)  

ジブリのこと

 先日歯医者さんの待合室のテレビで、となりのトトロが流れてて、
あやうく歯医者さんで泣きそうになった(笑)。
うちに帰って、久々にトトロのDVDを引っ張り出して、ベビーを抱っこしながら見ました。
いろんな映画があるけれど、やっぱりトトロが一番だな、と思う。あは。
子どもの頃は楽しく観れるし、大きくなってからも笑ったり泣いたりして観れる、
いつみても素晴らしい映画。
子ども達は明るく、すくすく育っていて、夢があって、周りの人たちも温かい。

 うちにいてニュースを見ると、本当にいやな事件が多くて、
もちろんそんなひとばかりじゃないとは分かっているけど、
小さなベビーと都会に出るのが怖くなる。
自分だけだったら平気だったのに、出産してから、もしこの子がそういう事件に
巻き込まれたらと思うと、本当に怖くなる。

 そういうことばかり感じていたので、トトロを観て心が洗われました。
ちなみに次の日は天空の城のラピュタを観て、また涙(笑)。
ジブリって楽しいだけじゃなく、深いよね。ジブリ万歳。
今週はジブリシリーズ、何見ようかな056.gif
(どんだけ暇なんだって、世の中の人に怒られそう…)

by lilacyu723 | 2008-06-27 15:54 | film&books | Comments(3)  

オモニム来日☆

 先週末、旦那のオモニが来日しました!
アボニム(お義父さん)にも待望の初孫、見せてあげたかったけど、
仕事が忙しいらしく、今回は初のオモニ、一人海外。
いつも二人で来日するときは、凄まじい量のお土産を持ってくるので、
絶対今回は手ぶらくらいの量で来て!(2泊のみなので)
と旦那を通じて頼んでおいたのだけど…。

空港で会えたオモニはスーツケース1個と小さなリュックのみ。
よかったーと思ったのもつかのま、スーツケースは40キロ、
リュックも小さいのにずっしり…(これには蜜柑の箱が入ってた笑)
初めての一人海外なのに…オモニ、お疲れ様です…。

その中身が、これ。(冷凍庫にもいっぱい)
b0132630_16191483.jpg

キムチ(ビッグなタッパーに)、高麗人参、エゴマの葉キムチ、黒豆煮、じゃこ煮、
えびの甘辛煮、粉末エゴマ、粉末にぼし、粉末昆布、粉末桜海老、にんにく、
粉末のごま、乾燥ナツメ、乾燥わかめ、お味噌… などなど。全部手作り。
韓国のスープは美味しい美味しい!といつも言う私に、美味しいスープが作れるように、
いつもオモニが使っているダシを全部手作りして持ってきてくれたのです。
カムサハムニダー!!(しかし、私、これ全部使い切れるかな…)

そして私の大好物のサムゲタンの作り方も、ようやく伝授してもらいました!
さっそく昨日、旦那と二人分作ってみましたが…うまかった!やった!
ただニンニクたっぷりなので、ちょっとお口が臭かったけど…。
遊びに来た方、作ってさしあげます☆☆あは

かなり短い滞在だったけど、初孫と過ごすことができて満足された様子。
良かった☆
夜もベビーと一緒に寝てくれたりして、私も助かっちゃいました!
今度はアボニムと一緒に、もっとゆっくり滞在してもらえるといいな!

by lilacyu723 | 2008-06-23 17:29 | about korea | Comments(2)  

先月からのまとめて パートⅢ

 ☆GO☆(日)

 観始めてすぐに、「あ、これ観た」と気づいた。
確か留学する前のこの映画がビデオ化されてすぐに。
そのときは韓流とかも全然なかったと思う。
韓国とか在日とか、私にとっては遠い存在で、考えたこともなかった。
桜井が「(在日とかそういうのって)なんか怖い。父親が韓国人や中国人は
汚い血が流れてるって言ってた。(確かそんな言葉だったような)」と言う。
今は、それを聞いてもなんかしっくりこない。
私は現在韓国人と結婚しているわけで。
え?そういう発言って人権差別?とか思う。
けどこれを観たときは、特に何も疑問なく、
「そういう気持ちわかるかもーショックだよねー」と思っていたような。
実際父親には、留学するまえ、韓国人や中国人とは付き合うなって言われていたし。
それが、今はそういう考えを持っている人もまだいるかもしれないけど、
確実にだいぶ緩和されている。
そう思うと、改めて「ヨン様」の力のすごさを思わずにいられない。
ヨンさまがいなかったら、私達の結婚も周囲の反対に押されて実現しなかったかもしれない。
全然ファンじゃないけど、ヨンさまありがとう。

ちなみに旦那はどういう気持ちでこの映画観ていたかというと、
「すごい面白いね」と言っていた。ふーん。
そういえば窪塚って、今どこいっちゃったんだっけ?
久しぶりに見たら、格好よくて演技もうまくて、どこかにいるなら復帰してほしい。

☆日の名残り☆(米)

アメリカの作品だけど、舞台はイギリス。
原作は以前ブログでも書いた「私を離さないで」のカズオイシグロ。
日の名残りも読んだので、どんな風に映画化されているのかな?と思って観てみた。
私は、第二次世界大戦のことも、世界の貴族(?)達がどのように関わっていたのかも、
そのころのイギリスの執事がどのようなものだったのかも、まったく知識はないが、
主人公の執事スティーブンスの回想や、現在のシーンから、興味深く観れた。
アンソニーホプキンスが、主人に仕える役かあ…うーん、と思ったけど、
映画の中では、彼は執事でした。観ているうちに、原作のイメージと重なった。
さすがアンソニー(慣れ慣れしい。)!!
しかも、なにげにスミ役(?)で、ヒューグラントが出演していた。。。

私は何故かイギリスを舞台にしているものは原作を読んでいることが多いんだけど、
読んでいると映画もより理解できるし、もう一度読み直したりすることができていい。
この映画も硬いようだけど、深みがあっていいです。
やっぱりイギリスの風景やあの哀愁漂う感じが、私は好き。
私もイギリス西部をドライブ旅行したので
(すばらしい景色の連続だった!!西部はドライブがお勧め☆)、
個人的にはもう少し、スティーブンスの西部をドライブするシーンが観たかったかなあ。
(写真撮影は一緒にドライブしたRちゃんにて)
b0132630_1734213.jpg

b0132630_17371029.jpg


☆幸せのレシピ☆

 キャサリンゼタジョーンズ主演の話題だった作品。
でもなんだか現実的に「こんなにうまくいかないよ」って感じで、うーん。
結構明るい、家族愛が含まれた映画は好きなんだけど、これはちょっと。
たまたま冷めた気分だったのかな(笑)。うーん。

 …今日はまだベビーがすやすやベッドで寝ているので、長々と書いてしまった(笑)

by lilacyu723 | 2008-06-22 10:07 | film&books | Comments(0)  

先月からのまとめて ITALY編

 ☆イル ポスティーノ☆

 ポスティーノってイタリア語で郵便やさんの意味。
イタリア南部の島を背景に、郵便やさんの青年とその島にすむ詩人との話なんだけど、
私は正直微妙…。あまり何も感じなかった。
風景は素朴でいいんだけども、なんだか寂しげな感じで。
主人公のマリオ自体が、小汚なくて、マリオの恋にも共感できなかった。
結局そこかよってだけど(笑)。
でももっとゆったりした気持ちで観られればよかったのかもしれない。
映画って観たときの状況とか環境によっても随分印象変わるから。

 ☆昨日・今日・明日☆

 ソフィアローレンと、マルチェロマストロヤンニ主演の3部作からなるオムニバス。
1960年代の古い映画だけれど、ストーリーは古さを感じさせない面白さだった!
それぞれのストーリーが、ナポリ・ミラノ・ローマを舞台にしていて、
主演は共通してこの二人なんだけど、まったく違うストーリーだから面白い。
イタリア的な明るさで、さらりと気軽に観れるのもいい。

最近外出していないからか、余計どこかにふらりと行きたくなる。。。
イタリア行きたいなあ。
結構私、イタリアの映画好きなもの多いんだけど、まだ足を踏み入れたことがない。

隣でベビーが真っ赤な顔して泣きだした。ちょっぴり待ってねー。

by lilacyu723 | 2008-06-19 21:45 | film&books | Comments(0)  

先月からのまとめて CHINESE編

 ☆恋する惑星☆

 4月から立て続けにみているカーウォイ監督の作品。
おんなじ街を背景にした二本立ての作品です。
前編は金城武が主演で、後編はトニーレオン。
このところトニーレオンをずっと観ていたせいか、
恥ずかしながら(?)すっごいはまってしまっている・・・!
こんなに男優に心を揺さぶられるのって、ショーンペンとユアンマクレガー以来。
2046にも出演していたフェイウォンという女優さんとの共演も絵的にすばらしく、
もう一度観て、幸せな気分に浸りたい。

 ☆ブエノスアイレス☆

 またカーウォイ監督アンド、トニーレオン(笑)。
でもなんか、借りたDVD、メイキングだったのかなんなのか、
映画の本作が入ってなかった(泣)。ツタヤのネットで見ても、
これしかないし、なんだかよくわからない。

 ☆インファナル アフェア☆
 
 とにかくトニーが観たくて借りたもの(笑)。
あんまりスパイもの(?)とかはそんなに観ないんだけど、
有名なだけあって、結構面白かった!!男の人は好きそうな映画。
でもベビー出産後、あやしながら観ていたので、注目すべきシーンとか
見逃していたかも。。。やっぱりベビーと一緒のときは、難しい映画や
目が離せない映画はちょっと無理があるかも。
でもトニーは格好よかった。カーウォイ監督作品以外のはどうなんだろうと
思っていたけど、格好よくって安心した(笑)。

ていうか、ほんと馬鹿みたいに、トニーの映画ばかり観ているな、私…。

by lilacyu723 | 2008-06-19 17:03 | film&books | Comments(1)  

久々の更新です。

 友人につっこまれて、ずっと書こう書こうと思っていた、ブログ更新します。

 思えばだいぶ経ちますが、先月6日に無事女の子出産しました。
安産だと勝手に思い込んでいたのに、結構大変で、死ぬかと思いました。
生むときが大変なのではなく、陣痛に耐えている時間がキツかった…。
穴という穴からいろんなものが出てくるようで…。実際そうなんだけど。
立会い出産だった旦那にも、穴という穴を押さえてもらったりだとか、
本当に今考えると何が何だかわからない位苦労をかけてしまいました。
あんなに1分1秒が長かったことも、あんなにナースコール押しまくったことも、
今までの人生で初めて。。。
でもあんなに死にそうだったことも、今やあんまりうまく表現できない。
産んですぐ書いておけばよかったなあ、とちょっと後悔。
ちなみにあんなに苦しんでいた、妊娠中の痒みも出産後すぐに完治。
人間の体は不思議。。。!

 それから早一ヶ月半経ち、3660グラムという大きめサイズで産まれたうちの子も
先週の一ヶ月検診で4770グラムになっていた!びっくり。
赤ちゃんの成長てその位が普通らしいのだが、母乳しか飲んでいないのに何で??
そうそう、殆どの赤ちゃんにできるという乳児湿疹、
最近うちの子の顔にもいっぱいできてしまい、
朝にはなかった所にも、数時間後に十個くらいぶつぶつができていたりして、
赤ちゃんの細胞分裂って一体どうなっとんねん!って感じ。
※下の写真は顔上げの練習中。ちょっと持ち上がるようになりました☆
b0132630_2256217.jpg

 とにかくこの一ヶ月半は、ベビー中心というか、
ベビーオンリーといっても過言ではない生活でした。
こんな短い文章を書いている間も、バウンサーに乗っているベビーが泣き出して、
抱っこして…って繰り返しているし(汗)。抱っこしてすやすやしているようでも、
実は薄目でママの顔を確認したりしてて、置いたらすぐ泣いたりするんだよね(笑)。
まあ、うちの子はそんなに手がかかるわけではないんだけど、今のところ。

でも昨日できなかったことができるようになったりとか、(いつの間にか!)
可愛い目で見つめてくれたりだとか、小さなことが幸せだったりする。
毎日、小さいけど、発見いっぱいなので、
これからはちょこちょこ、ブログをアップしていきたいです。
(まとめて書くと、昨日の発見も思い出せなかったりするからね。。。はは)

 本は、ちょこまか抱っこしたり授乳したり…なので、殆ど読めない生活だけど、
映画は相変わらず観ているので、おいおいその辺も書きたいと思います☆

by lilacyu723 | 2008-06-19 16:40 | about baby | Comments(0)